メリットのある査定時期は?

車の買い替えに踏み切るとき、愛車を売る方が普通ですが、売りに出すタイミングで査定金額が左右されることを分かっていましたか。

売る時期に関して取り上げていきますので、査定する時期を工夫してみてください。

一般的に車の走行距離を3つの区分に分けていて、3万キロ以下・5万キロ以下・10万キロ以下に設定されています。

車の買い替えで査定をお願いする時、査定士が重視する項目に走行距離があります。

走行距離が10万キロをオーバーしてしまうと査定額は大きく下がるようです。

査定価格を保つためには、走行距離が5万キロを超えないことが良いと見られています。

車に乗る時はいつも走行距離を気にしながら、5万キロに達しそうになったら買い替えを考え始めたほうがいいのかもしれません。

それから、中古車買い取り業者の決算期にあたる3月・9月あたりの2月・8月に絞るのも一案です。

中古車買い取り業者も、決算期は売り上げにこだわります。

決算期を迎える前に査定を依頼すれば、平常時より高めの査定額で買い取ってもらえるはずです。

さらには、車検を済ませてから査定に出すことで、金額が違うものと考えている人も少なくないはずです。

車検を通してから売却した方が査定額が高いということはなく、それ以上に走行距離の方が大きなポイントとなるのです。

車検をクリアするかしないかは、それほど重要視されていないため、愛車の売れるタイミングで査定を受けてみましょう。

日常的に自分の車の状態に注意を向けていれば、売るという目的だけでなく、より高い査定金額を見込めるようになります。

このページの先頭へ